Yukie Hihara

 

Yukie Hihara

Chercheuse associée, Université de Tokyo

Thèmes de recherche : droit du travail, harcèlement, discrimination, santé au travail, travailleurs ayant des responsabilités familiales

Principales publications (en japonais)

  • 「フランスにおける『モラル・ハラスメント(harcèlement moral)』の法的規律」労働問題リサーチセンター『激変する雇用環境と労働法・労働政策の課題』(近刊)
  • 「『第三者からのハラスメント』(『顧客・取引先等からの著しい迷惑行為』)への法的対応――ケベック州法・オンタリオ州法における使用者の義務と労働者の権利を中心に」労働問題リサーチセンター『「働き方改革」をめぐる労働立法と今後の課題』108頁(2020)
  • 「職場における『パワー・ハラスメント』に関する比較法的考察――カナダ法のハラスメント規制を素材に――」東京大学法科大学院ローレビュー第14巻98頁(2019)
  • 「妊娠・出産等を理由とする不利益取扱いに関する考察――休業中及び復職後の処遇に関する判例・裁判例を中心として――」東京大学法科大学院ローレビュー第13巻3頁(2018)

(判例評釈)

  • 「育休終了後の有期契約への変更合意・雇止めの適法性等――ジャパンビジネスラボ事件」ジュリスト1550号128頁(2020)
  • 「労働契約法二〇条の趣旨及び効果,「期間の定めがあることにより」「不合理と認められるもの」の解釈並びに皆勤手当不支給の不合理性:第一事件(ハマキョウレックス(差戻審)事件),定年後再雇用と「その他の事情」,個々の賃金項目に係る不合理性の判断方法並びに能率給及び職務給の支給と歩合給の支給という相違の不合理性:第二事件(長澤運輸事件)」法学協会雑誌137巻6号158頁(2020)
  • 「育児時短勤務申出時の無期契約から有期パート契約への変更――フーズシステムほか事件」ジュリスト1540号103頁(2020)

(その他)

  • 論文Today「労働基準に関する法における精神的ハラスメント規定の改正――ジェンダーへの一層の感度を求める呼びかけは聞き入れられるか?」日本労働研究雑誌725号122頁(2020)